宅配クリーニングの水洗い加工とは?ドライクリーニングとの違いもご紹介します

アイキャッチ画像

宅配クリーニングの水洗い加工とは?

「水洗い加工」という言葉、クリーニング店の広告やサイトで一度は目にしたことはあるのではないでしょうか?
(お店によっては「汗抜き加工」「ウェット加工」「ウェットクリーニング」と書かれていることもあります。)

でも「水洗い加工」ってなに?と思っている方も多いかと思います。

水洗い加工とはズバリ、「水洗い」と「ドライクリーニング」の両方のイイトコ取りできる方法です。
簡単に言うと、水洗いが家での洗濯、ドライクリーニングがクリーニング店での洗濯です。

両者の「イイトコ」とは、

水洗い:水溶性の汚れ(汗や飲み物などのシミ汚れ)や汗やタバコの臭いを落とす

ドライクリーニング:油溶性の汚れ(皮脂や食べこぼしなどの汚れ)を落とし、型崩れや縮みが発生しにくい

つまり水洗い加工とは、
「食べこぼしなどの汚れだけでなく汗ジミや汗・タバコの臭いもしっかり落とし、型崩れや縮みを最小限に防げるオプション」
ということです。

以下の表は、水洗い加工を追加する場合と、ドライクリーニングのみの場合の違いについてまとめたものです。

ドライ+水洗い加工 ドライクリーニングのみ
油溶性の汚れ(皮脂や食べこぼしなど)
水溶性の汚れ(汗、飲み物など)
ニオイ(汗やタバコなど)
型崩れや縮みの防止

宅配クリーニングの水洗い加工のメリット

水洗い加工のメリット

ドライクリーニングでは落とせない汚れが落ちる

水洗い加工を追加することで、ドライクリーニングだけでは落ちなかった汗や飲みこぼしの汚れや、汗・タバコの臭いもキレイさっぱり落とすことができます!

自宅で水洗いができないスーツなどの衣服でも、クリーニング店は高度な知識や技術、特殊な洗剤を用いて水洗い加工を可能にしています。

汗の汚れや汗・タバコの臭いが気になる場合は、水洗い加工を付けておくのが良いでしょう。

宅配クリーニングの水洗い加工のデメリット

水洗い加工のデメリット

水洗い加工の後に仕上げが必要

水洗い加工の後にしっかり仕上げをしないと型崩れやシワが発生してしまう可能性があります。

しかしそこは職人が入念に仕上げを行ってくれるので、安心していいかと思います。

水洗い加工に強いクリーニング業者は?

水洗い加工を行ってもらうなら、宅配クリーニングの「リネット」や「リナビス」がオススメです。

リネットでは「ウェット加工」、リナビスでは「汗抜き加工」が水洗い加工に該当します。

まずはドライクリーニングを行い、そこで落ち切らなかった汗など水溶性の汚れや臭いを、特殊な洗剤を含んだ水で優しく洗い流してくれます。

宅配クリーニング「リナビス」について詳しく知りたい方はこちら↓

【2019年最新】リナビスの宅配クリーニング|リアルな口コミ・評判を基に使い方のコツをご紹介します。

 

宅配クリーニング「リネット」について詳しく知りたい方はこちら↓

【朗報】リネットの宅配クリーニング評判&口コミから厳選した最もお得な使い方を公開

まとめ

アイキャッチ画像

いかがでしたでしょうか?

水洗い加工は「食べこぼしなどの汚れだけでなく汗ジミや汗・タバコの臭いもしっかり落とし、型崩れや縮みを最小限に防げるオプション」です。

家では水洗いできないスーツなどは汗が溜まりやすく、放っておくとカビ・シミ・臭いの原因となってしまうので、早めに水洗い加工をしておきましょう。

また、今回ご紹介した「水洗い加工」だけでなく、「宅配クリーニングについてもっと知りたい」「宅配クリーニングの業者を比較して見てみたい」という思いを抱いた読者の方もきっといることでしょう。

そんなあなたのニーズに合った宅配クリーニングを見つけやすくするために、当サイトがフローチャート式に、厳選した宅配クリーニングをこちらの記事で紹介していますので参考までにどうぞ!

きっとあなたに合った宅配クリーニング業者が見つかるはずです!